建蔽率って何?

インターネットや不動産の広告を見ると

 

建蔽率(けんぺいりつ)という文字を目にします。

建蔽率の隣に〇〇%と記載してあり

何のことかと思う方もいらっしゃるかと思います。

 

建蔽率とは、敷地を真上から見たときに

建物がどれくらいの面積なら建てることができるのかが分かる数字です。

 

例えば、敷地面積200㎡(60坪)の敷地を持っているとして

建蔽率60%の地域だとします。

※ 建蔽率は、それぞれの地域に定められた都市計画に応じて割合が異なります。

 

計算は簡単です。

(敷地面積)200㎡ × (建蔽率)60%  = 120㎡


そもそも、どうして敷地いっぱいに建てられないのかというと

 

敷地いっぱいまで建てると

風通しが悪く、万が一火災になった時は火はあっという間に隣家にも火が移ってしまいます。

 

また、全ての建物が目一杯建てていると圧迫感があり、景観も悪くなってしまいます。


これらは全て私たちが暮らしやすい環境にする為のルールです。

 

今あなたの住んでいる地域はどうでしょうか。

もし建物同士が離れているようでしたら

これも建蔽率によってです。

 

また、静岡市であれば呉服町のエリアでは

商業地域と呼ばれ建蔽率は80%です。

80%であれば敷地に対して大きく建築できますし

後で述べますが建蔽率には緩和というボーナスがあります。

その為、呉服町は隣同士の建物がびっしりと建っているのが分かります。

商業地域ですので建物同士が離れてしまうと寂しいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、建蔽率には一定の条件を満たすものには建蔽率の緩和が受けられます。

 

先程お伝えした風通し・火災に対して防火の安全性が認められれば

建蔽率の緩和を受けることが出来ます。


角地は文字通り角ですので

隣同士の建物が他より少ないです。

その為、特定行政庁が指定した角地であれば

建蔽率は10%緩和となります。

また、定められた建蔽率80%の地域で、かつ防火地域内の耐火建築物は建蔽率10%が緩和され

建蔽率は100%ととなります。

 

※定められた建蔽率80%の地域(第一種住居地域・準住居地域・準工業地域・近隣商業地域・商業地域)


ざっとですが、建蔽率はこのように通風・防災面からルールを設けています。

 

こうして私たちが安心して生活を送れているのも

このルールをしっかり守っているからかもしれません。

また次回もお楽しみに!



投稿日:2022/10/04   投稿者:髙林勇介